読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Somber Atmosphere

ドイツのブラックメタルの感想を載せています

Eis - Bannstein

f:id:DesolatedLife:20160316011829j:plain

 

ご無沙汰しておりました。この時期は仕方ないということで。

また細々と更新を再開する予定。

 

 

ドイツのブラックメタル、2015年作4th。Prophecy prod.のサブレーベルLupus Loungeよりリリース。元々はGeistという名前で活動していたが、その頃からカウントすると4枚目のフルレングス。

初期はメランコリックでありつつもどこかアヴァンギャルドブラックメタルをやっていた彼らだが、Eis名義になってからはどんどんストイックな方向に深化していった(前作の"Wetterkreuz"では沈み込みすぎてちょっと地味真っ只中だった...)彼らだが、本作では今までを踏まえつつも色気が出てきたようなブラックメタルをプレイしている。

メロウなリフは控えめで無骨に展開する(特に最初2曲)のは近作と同路線だが、ほかの曲ではジャーマンブラックらしい薄っすらメロウかつアトモスフェリックな展開も聴かれるようになった。
3曲目"Uber den Bannstein"では、これぞストイックなジャーマンブラックといった様相。昔のHelrunarを彷彿とするような寒々しいトレモロリフで疾走するスタイル。これくらいのビターさがとてもいい。
4曲目"Fern von Jarichs Garten"や5曲目"Im Schoss der welken Blatter"ではよりメロウなトレモロリフが聴かれてとてもいい。かといって甘すぎるわけでもなく、とても丁度いい。

聴く人が聴けば、地味じゃん、の一言で片付けられそうな作品ではあるが、この地味ながらもメロウなところがとても琴線に触れる。
昔からのEis(Geist)ファンは勿論、ストイックなジャーマンブラックが好きな人も楽しめると思う。個人的には2015年ベスト。

 

www.youtube.com